薄毛に良い食べ物

薄毛に良い食べ物のウソ、ホント - 薄毛改善MAX

薄毛に良い食べ物のウソ、ホント

 

薄毛が気になるなら、体に良い食べ物をとるようにしないといけないのは本当のことです。
結局のところ、髪も体の一部です。

 

体に入ってくる栄養によって影響を受けています。
1ヶ月で1センチほど伸びる髪は、まさに毎日の積み重ねで作られているのです。

 

では、特別に何か買わなくてはいけないのかと言えば、それはウソでしょう。
まずは、普段の食生活を見直すところからはじめるのがおすすめです。

 

薄毛の場合、食生活に偏りがある場合があるので、それを改善することを前提にバランスよく適切な食べ物を選んで食べるようにすればいいのです。

 

皆さんが普段食べているものから、薄毛にいい食べ物をいくつかご紹介しますね。

 

海藻のわかめで血行を促進

 

わかめが髪にいい食材というのはよく言われることですが、これはわかめに含まれるヨードが血行を促進してくれるからです。

 

血行が促進されると栄養素が頭皮そして毛根に届きやすくなります。その結果、健やかな髪が育つと言われているのです。

 

わかめサラダ、お味噌汁にわかめなど、無理なく摂りやすいのでおすすめです。

 

 

豆腐でヘルシーにたんぱく質

 

髪を健やかに保つために、たんぱく質は積極的にとりたいところですが、肉ばかりですと栄養も偏り、脂質も多くとってしまう場合もあります。

 

そこでおすすめの食材が豆腐です。
豆腐なら、植物性蛋白質がとれるし、女性ホルモンに働きかけるイソブラボンの働きでホルモンバランスも整ってきます。

 

また、イソフラボンは、IGF-Iといわれる成長因子を増やせると言われているので髪を増やす効果も期待できます。

 

 

優秀食材、レバー

 

貧血の予防のイメージが強いレバーですが、実は、血流を良くするナイアシンやビタミンB群が豊富なんですよ。

 

疲れた時に、レバニラじゃないですが、薄毛にもとてもおすすめです。

 

たまごでバランスもバッチリ!

 

たまごはたんぱく質がとてるだけではなく、ミネラル(セレニウム、鉄、亜鉛まど)も含まれています。
例えば、AGAは亜鉛の不足が原因しているとも言われるくらい、ミネラルの摂取は大事なんですよ。

 

コレステロール値が気になる方は注意しないとですが、一日1個程度のたまごはとてもおすすめです。
朝食にたまごは、髪の健康にも理にかなったものなのかもしれないですね。

 

こうやってみてみると、意外と毎日とりやすい食べ物で、薄毛の対策ができると思いませんか?
高額な食品を買わなくても、まずは、すぐできるところから、薄毛にいいことをはじめるのがおすすめです。